麻布十番の歯医者なら「こどもと女性の歯科クリニック」へ

どのような方がむし歯になりやすい?むし歯になりやすい部分とは

ホーム > 歯医者を麻布十番周辺でお探しならこどもと女性の歯科クリニックへ > どのような方がむし歯になりやすい?むし歯になりやすい部分とは

むし歯になりやすい方は、日々の生活習慣が影響している可能性があります。特に、むし歯になりやすい部分は、丁寧に歯を磨くように心がけてみてください。

むし歯になりやすい方の生活習慣

むし歯になりやすい方の生活習慣

間食回数、食事の回数が多い

お口の中は通常、中性に近い状態ですが、砂糖が多く含まれている食べ物や飲み物が入ると、その糖分から酸を作り出します。酸性になると脱灰(歯のミネラルを溶かす)しますが、唾液の成分によって徐々に中性に戻っていきます。

しかし、間食回数や食事の回数が多いと酸性の状態が長く続くため、むし歯のリスクが高まってしまうのです。食べる時と食べない時の、メリハリをつけることが大切です。

寝る前に歯磨きをしない

寝ている時は、お口の環境を整えてくれる唾液の分泌が減ります。食べカスが口の中に残っていると、それをむし歯菌がエサにして、増殖してしまうのです。

ついつい歯磨きをしないで寝てしまう方は、むし歯のリスクが高まってしまうので注意が必要です。食後の歯磨きも大切ですが、特に寝る前は、しっかり歯磨きするようにしてください。

むし歯ができやすい部分

むし歯ができやすい部分

歯ブラシが届きにくい歯と歯の間や奥歯、歯の根元はむし歯になりやすいです。適度な力加減で、ゆっくり丁寧に磨くようにしてください。

親知らずが斜めに生えている方は、磨き残しが起こりやすい傾向にあります。タフトブラシやデンタルフロスを併用することで、むし歯のリスクは低くなります。

むし歯にならないためには、生活習慣を整えるとともに、定期的に健診や検査を受けることが大切です。元麻布や麻布十番にお住まいの方は、小児歯科があるこどもと女性の歯科クリニックをご利用ください。乳歯は永久歯に比べてエナメル質が薄く、酸に弱い特徴があるため、むし歯の進行が早いです。子ども向けに「フッ素イオン導入」を行っていますので、お子様の口腔環境を整えたい方は、どうぞご相談ください。

また、歯並びが乱れている場合、歯磨きしにくいため、むし歯になりやすいです。小児歯科に対応しているこどもと女性の歯科クリニックでは、小児矯正にも対応しており、お口の状態に合わせて治療方法を提案することができます。麻布十番駅・広尾駅から徒歩で通える場所にありますので、小児歯科をお探しで、元麻布・麻布十番・広尾周辺にお住まいの方は、ぜひお問い合わせください。

診療時間は10:00~13:00/14:00~18:00(最終受付17:30)で、休診日は金曜日・日曜日・祝日・第3木曜日(木曜定休の場合、翌日金曜日は診察)です。

麻布十番の小児科ならこどもと女性の歯科クリニック

クリニック名 こどもと女性の歯科クリニック
住所 〒106-0046 東京都港区元麻布1丁目4−27−101
TEL 03-6435-2281
FAX 03-6435-2878
アクセス 麻布十番駅から徒歩7分、広尾駅から徒歩8分
URL http://cw-cl.jp/