麻布十番の歯医者なら「こどもと女性の歯科クリニック」へ

むし歯や歯周病を放置するとどうなる?むし歯のメカニズムについて

ホーム > 歯医者を麻布十番周辺でお探しならこどもと女性の歯科クリニックへ > むし歯や歯周病を放置するとどうなる?むし歯のメカニズムについて

むし歯や歯周病にならないためには、家族全員でしっかりケアすることが大切です。むし歯や歯周病を発見した場合は放置せず、状態が進行する前に、治療を始めるようにしてください。

むし歯ができるメカニズム

むし歯ができるメカニズム

むし歯は、歯と歯の間と噛む面に生息する「ミュータンス菌」がきっかけとなり発生します。ミュータンス菌は、口の中の糖質を取り込むことで、ネバネバとした歯垢を作り出し、歯の表面を覆ってしまうのです。

また、ミュータンス菌は糖質を発酵させて酸を作り出す性質もあるため、歯垢の中は酸性になります。酸性の状態が続くことで歯の成分が溶かされて、むし歯になってしまうのです。

むし歯と母乳の関係性

歯が生え始める生後7ヶ月前後になると「母乳を飲ませているとむし歯になるのですか?」と、質問されることがあります。母乳育児は栄養学・免疫学はもちろん、精神的にも経済的にもメリットがありますので、卒乳をするべきか悩まれるかもしれません。確かに歯を溶かす酸の原料は糖質で、母乳には糖質の一種である乳糖が含まれています。

しかし、むし歯をつくりやすいのは砂糖(ショ糖)です。乳糖にも注意は必要ですが、母乳を与える時間帯を工夫したり、生えたばかりの歯を正しく磨いたり、食事とケアを徹底していればリスクは軽減できます。

つまり、母乳がむし歯の直接的な原因になるのではなく、お口の中が酸性の状態に傾きやすい食生活が問題なのです。

むし歯や歯周病を放置するとどうなる?

むし歯は初期段階で治療することが望ましいですが、痛みや違和感が出てから気づくということも珍しくありません。何も対処せずにいると徐々に進行し、神経まで達してしまうことがありますので、家族の誰かがむし歯を気にし始めたら歯科医院に相談しましょう。

また、ミュータンス菌はもともと赤ちゃんのお口の中には存在しません。大人が噛み砕いた食べ物を与えると伝播してしまいます。歯周病の場合は、歯茎の腫れや口臭が気になり始め、進行すると骨が溶けてしまうこともあるのです。

むし歯や歯周病は早めの治療を

むし歯と母乳の関係性

むし歯や歯周病を放置して歯を失ってしまうと、食べ物をしっかり噛めなくなったり、発音がしにくくなったり、身体に様々な影響を与えてしまいます。

むし歯や歯周病に気づいたら、家族みんなで治療することが大切です。初期段階で治療を始めることで、大人から子どもへ伝播させない環境の整備ができます。

むし歯や歯周病のリスクは大人だけでなく、子どもにも影響があります。麻布十番周辺にお住まいで、小児歯科をお探しの際は、こどもと女性の歯科クリニックをご利用ください。こどもと女性の歯科クリニックでは、小児歯科に対応しており、歯と歯の間と噛む面のむし歯予防に役立つシーラント処置や3Dスキャン、イオン導入など、様々な設備を整えています。

また、産婦人科で働いていた経験を活用し、マタニティ特有のお悩みをお聞きしたり、子育てに役立つ講座を開催したり、様々な面から子どもと女性の健康維持をサポートしています。麻布十番駅や広尾駅から近いため、元麻布・麻布十番・広尾以外の地域からも通いやすいです。

一人ひとりのお悩みを丁寧にお聞きしますので、小児歯科に通わせたいとお考えでしたら、こどもと女性の歯科クリニックへお問い合わせください。健診・検査などのご予約は、ネット予約が便利です。

麻布十番の小児科ならこどもと女性の歯科クリニック

クリニック名 こどもと女性の歯科クリニック
住所 〒106-0046 東京都港区元麻布1丁目4−27−101
TEL 03-6435-2281
FAX 03-6435-2878
アクセス 麻布十番駅から徒歩7分、広尾駅から徒歩8分
URL http://cw-cl.jp/