麻布十番の歯医者なら「こどもと女性の歯科クリニック」へ

歯並びが悪くなるのはなぜ?そのデメリットとは

ホーム > 歯医者を麻布十番周辺でお探しならこどもと女性の歯科クリニックへ > 歯並びが悪くなるのはなぜ?そのデメリットとは

なぜ歯並びが悪くなるのかご存知ですか?歯並びが悪くなる原因やデメリットについて説明しますので、きれいな歯並びを維持したい方は、どうぞご覧ください。

歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因

顎が小さい

呼吸が浅くて姿勢が悪い、お鼻やお耳に病気がある、アデノイド(上咽頭にあるリンパ組織の塊)がある、扁桃腺が腫れているなどでお困りではありませんか。

いびきや頭痛がある場合、上顎の発達不足が関係しているかもしれません。歯並びが悪くなる原因として、顎の小ささが挙げられます。

顎が小さいことで、歯が生えるスペースを十分に確保できず、歯並びがデコボコしてしまうのです。

子どもに多いのですが、舌で前歯を押す癖がある場合、歯並びが悪くなりやすいです。また、口呼吸やお口をポカンと開ける姿勢も、舌の圧力と唇の圧力のバランスが崩れて、歯並びに影響を与えます。

歯並びが悪いとどのようなデメリットがある?

歯並びが悪いとどのようなデメリットがある?

上の歯と下の歯が噛み合わないため、しっかり咀嚼できず、胃腸に負担がかかりやすくなります。歯の隙間に食べ物が挟まり、口腔環境の乱れにつながることもあります。

また、歯を食いしばると筋肉に力が入るのですが、歯並びが悪いと上手く噛み合わず、十分な力を発揮しにくくなってしまうのです。

顎顔面口腔育成(RAMPA)を中心とした小児矯正

歯並びは軌道の狭さや姿勢の悪さ、お鼻のつまりなどが影響しているケースと、生活習慣や癖が影響しているケースがあります。広尾周辺にお住まいで小児矯正をお考えの方や、歯医者に通ってより健康になりたいという方は、こどもと女性の歯科クリニックへご相談ください。

こどもと女性の歯科クリニックは、子どもと女性に寄り添った歯医者です。顎顔面口腔育成(RAMPA)を中心とし、3種類の矯正方法をご用意しています。RAMPAとは、顔面または上顎の成長発達を自然な形で良い方向に近づけることによって、呼吸や咀嚼、嚥下(飲み込み)、発音などお口の機能を十分に発揮できるようにする小児矯正です。歯並びだけでなく、人が生きる上で大切な問題の解決を目的としています。

お口の状態を把握した上でわかりやすく丁寧に説明しますので、疑問点がありましたら、遠慮なくご質問ください。

広尾駅・麻布十番駅から徒歩で通えますが、妊娠中の方など送迎が必要な場合は、最寄り駅までお送りします。

また、お子様連れの方も安心して治療に集中できるよう、キッズスペースを完備しています。

様々な設備をご用意していますので、元麻布・広尾・麻布十番周辺で歯医者をお探しの際は、ぜひお越しください。

広尾で歯医者を利用するならこどもと女性の歯科クリニック

クリニック名 こどもと女性の歯科クリニック
住所 〒106-0046 東京都港区元麻布1丁目4−27−101
TEL 03-6435-2281
FAX 03-6435-2878
アクセス 麻布十番駅から徒歩7分、広尾駅から徒歩8分
URL http://cw-cl.jp/