こどもと女性の歯科クリニック

こどもとママのプログラム

icatch
logo2

産婦人科、小児歯科にて経験を積んだ医師が適切なケアをアドバイス・サポート

こどもと女性の歯科クリニックは、

歯の治療以外にも、女性が妊娠してから育児までの過程の中で
母親・お子さまに向けて身体のバランスや育児のアドバイスを行っております

home_flow

こどものプログラム

IMG_2202
k1885_0091
k1885_0092
k1885_0158
IMG_2194

印象

insho

お子さまがお産まれになりましたら記念としてお口の中の象った印象をお作りします。
内祝いのお返しなどにもご利用いただけます。

お口のこと

お子さまのお口がポカンとあいてしまっていませんか?
風邪をひきやすく、お鼻のつまりや、中耳炎を繰り返していませんか?

姿勢が悪くないですか?

いびきをかきませんか?

いつも同じ向きで寝ませんか?

歯並びはいかがでしょうか?乳歯に隙間がありますか?

これらは、お口の状態が関係している場合があります。歯並び、噛み合わせだけではなく、様々な角度から原因を探っていきます。

当院では、気道の状態やお鼻の状態、姿勢なども診査します。

気道が狭いですね。
IMG_2206
副鼻腔に炎症があります
IMG_2209

審美歯科

前歯(乳歯)が抜けている時期に七五三やお受験が重なって場合など、撮影前に白い前歯をお作りするなどしています。

ママのプログラム

ttl2

骨盤調整・体操・さらしの巻き方

本来子宮の形は丸くなっているものですが、近年、妊婦の子宮の形が変わってきており、横長だったりお豆の形だったりといびつな形も多く見受けられます。

胎内での姿勢は、生まれた後もつづきます。
子宮の中で、赤ちゃんが楽な姿勢をとることができるように骨盤調整・体操、正しいさらしの巻き方をすることで、子宮の形を丸く整えてあげましょう。

マタニティプレート

蝶形骨を水平にするプレートをお口の中に入れ、左右バランスを改善することでスムーズにお産ができるようにしていきます。

抱っこの仕方・おっぱいの飲ませ方・寝かせ方・ハイハイの方法

baby
maki

口蓋(上あご)の形状は、こどものお口だけでなく全身の発育に影響を及ぼすことが研究により分かってきました。お腹の中にいた時のような体勢をキープする寝かせたかや、正しい姿勢でおっぱいの飲まる方法を学び発達しやすい体づくりをしていきます。

おっぱいを上あごに張り付けて上手に飲めるようになると口蓋(上あご)の発育がよくなります。
正しい寝返りやハイハイをしっかりすることで、将来の体感を作ります。

離乳食の指導

離乳食の開始時期、早すぎませんか?

べたべたドロドロの離乳食は、お口の機能が正しく発達しません。

お口の機能の発達を考えた離乳食をすすめませんか?

また、離乳食を始める時期は、個人個人で異なります。離乳食のスタート時期は、

1. 赤ちゃんが上手におっぱいが飲めるようになってから

2. お座りが自分からできるようになってから

3. 赤ちゃんが食べたそうなそぶりをみせてから

です。

この「おっぱいを上手に飲める」とは、深飲みでしっかり飲めて、尚且つおっぱいを飲む時間にリズムが出来るということです。

自分からできるお座りは「バンボ」などの補助器具に座らせるのではなく、ハイハイでたどり着いた先で自ら「よいしょ」と腰を下ろせることをいいます

漢方

漢方の先生による授乳中にお勧めのハーブティーなどをご紹介いたします。

タラソテラピー

生命の根源である海の恵みを体内に取り込むことにより
体の自然なバランスを取り戻すことを目的とした自然療法です。
こどもと女性の歯科クリニックではマタニティ期特有の肩こり、腰痛、むくみなどの改善やお子さまの肌荒れなどに役立てていきます。

omedetou
deco2

診療時間

shinryo

【休診日】金曜・日曜日 第3木曜日
※木曜定休の場合は翌日金曜日は診察
ご予約・お問い合わせ:03-6435-2281