麻布十番の歯医者なら「こどもと女性の歯科クリニック」へ

赤ちゃん歯科

産婦人科看護師経験を持つ女性歯科医師がサポート!

deco2

赤ちゃん歯科のコンセプト

-0.5歳から始める矯正歯科

~矯正が必要とならないお口づくり~

 

まだ生まれてもないのに歯医者?と思われるかもしれません。しかし身体の健康同様、お口の健康もまた子供たちの未来に大きく関わってきます。将来、むし歯にならないように、矯正が必要とならないように、何より元気でいられるように、せめて少しでもこどもの未来の負担が減るように、おなかの赤ちゃんが生まれる前から出来ることがあります。

icatch
deco2

マタニティ期・小さいお子様のママさんたちへ

マタニティ期はつわりや食欲の変化などで、つい歯磨きがおろそかになり虫歯や歯周病のリスクが高くなる傾向がみられます。これは吐き気により歯磨きがしづらくなる・1回の食事量が減る代わりに食事回数が増えることで口腔内の酸性状態が続きやすいなどによります。また歯周病は早産を引き起こすこともあるとの報告もあります。

ご自身の将来やこれから生まれてくる赤ちゃんのためにも、マタニティ期は特にお口の健康に気を配って欲しい時期の一つです。

こどもと女性の歯科クリニックでは、歯の治療以外にも、女性が妊娠してから育児までの過程の中で、母親・お子さまに向けてそれぞれに応じた身体のバランスのことや育児のアドバイスなどを行っています。

例えば矯正が必要にならないお口づくりには、赤ちゃんがお腹の中にいるときから関わることが出来ます。

当クリニックにお越しいただいた患者様からも「もっと早くから知りたかった。」とのお声をいただき発信の大切さを改めて考えております。

大切なおこさまのため、ぜひ一度ご相談を考えていただけたらと思います。

home_flow

どちらのあかちゃんが気持ちよさそう?

子宮の形の違い分かりますか?まんまるな子宮で育ったあかちゃんは、身体の緊張がなくリラックスした状態です。横長などのまんまるが崩れてしまったような子宮に入っていると、身体の緊張が強いあかちゃんが生まれます。いかにも窮屈そうですよね。あかちゃんは、子宮の中で産まれてからの動きの練習をします。まんまる子宮のあかちゃんは、きっとどの動きの練習もスムーズで居心地もよかったことでしょう。あかちゃんはあかちゃんなりに、今自分にできることをママのおなかの中で頑張っています。

図7
図8

マタニティプレート

蝶形骨を水平にするプレートをお口の中に入れ、左右バランスを改善することでスムーズにお産ができるようにしていきます。

骨盤矯正・体操・さらしの巻き方

本来子宮の形は丸くなっているものですが、近年、妊婦の子宮の形が変わってきており、横長だったりお豆の形だったりと、いびつな形も多く見受けられます。

赤ちゃんの胎内での姿勢は、生まれた後のお口をはじめ多くの成長にも影響します。
子宮の中で、赤ちゃんが楽な姿勢をとることができるように骨盤調整・体操・正しいさらしの巻き方をすることで、子宮の形を丸く整えてあげましょう。

印象

insho

お子さまがお産まれになりましたら記念としてお口の中をかたどった印象がお作り出来ます。
内祝いのお返しなどにもいいですね。

抱っこの仕方・おっぱいの飲ませ方

寝かせ方・ハイハイの方法

baby
maki

口蓋(上あご)の形状は、こどものお口だけでなく全身の発育に影響を及ぼすことが研究により分かってきました。お腹の中にいた時のような体勢をキープする寝かせ方や正しい姿勢でおっぱいが飲める方法を学び、発達しやすい体づくりをしていきます。

おっぱいを上あごに張り付けて上手に飲めるようになると口蓋(上あご)の発育がよくなります。
正しい寝返りやハイハイをしっかりすることで将来の体幹も作ります。

zenwan

赤ちゃんの首の骨に前カーブ(前弯)ができる時期に背骨がまっすぐだと、首の前カーブが弱くなり、口呼吸や歯列不正の原因になります。
正しい姿勢・方法を習得し、頸椎の前弯を正しく育てるお手伝いをします!

お口のこと

お口がポカンとあいてしまっていませんか?
風邪をひきやすく、お鼻のつまりや中耳炎を繰り返していませんか?

姿勢は悪くないですか?

いびきをかきませんか?

いつも同じ向きで寝ませんか?

当院では歯のことだけでなく、気道の状態やお鼻の状態・姿勢なども診査し、まずは矯正の必要のないお口づくりを目指しています。

空気の通り道が狭いですね。何故かを一緒に考えてみましょう。

図4

離乳食の指導

離乳食の開始時期、早すぎませんか?

べたべたドロドロの離乳食は、お口の機能が正しく発達しません。

お口の機能の発達を考えた離乳食をすすめませんか?

また、離乳食を始める時期は、個人個人で異なります。離乳食のスタート時期は、

1. 赤ちゃんが上手におっぱいが飲めるようになってから

2. お座りが自分からできるようになってから

3. 赤ちゃんが食べたそうなそぶりをみせてから

です。

この「おっぱいを上手に飲める」とは、深飲みでしっかり飲めて、尚且つおっぱいを飲む時間にリズムが出来るということです。

自分からできるお座りは「バンボ」などの補助器具に座らせるのではなく、ハイハイでたどり着いた先で自ら「よいしょ」と腰を下ろせることをいいます。

ttl2

ウェルビーイングクラブのページにて赤ちゃんのためのケアのプログラムもご案内しております。赤ちゃんの元気を、お口からも目指しましょう。

タラソテラピー

生命の根源である海の恵みを体内に取り込むことにより
体の自然なバランスを取り戻すことを目的とした自然療法です。
こどもと女性の歯科クリニックでは体質改善の一環としてマタニティ期特有の肩こり、腰痛、むくみなどの改善やお子さまの肌荒れなどに役立てています。

海水による作用で身体活動を高め、本来持っている自然治癒力が高められることでアトピーの改善につながります。また、この海水にはより多くマグネシウムが含まれ創傷治癒に効果があるとされています。

3カ月でこんなによくなりました!!

atpy
t_img1

~お詫び~

パワースポットとしても知られる鹿児島県

加計呂麻島の塩職人さんの

作る貴重なにがりをご紹介しておりましたが現在、高齢であることと病気療養中のため生産再開のめどが立っておりません。

申し訳ありません。

些少の在庫のみございます。

deco2

あかちゃん”ごきげんもぐもぐ”教室

現在、新型コロナウィルス対策の一環として個別のご相談として対応いたしております。詳しくはお問合せ下さい。

当院では、おこさまの大切な発達をサポートします!

縦抱っこが好き・いびきをかく・寝返りをしない・ハイハイをしないなどの原因を探ります。

矯正の必要ないお口をめざしましょう。

≪ごきげんもぐもぐ教室ご参加≫

① 抱っこの仕方

  あかちゃんの発達に必要なCカーブを作り発達を促す抱っこを目指す

② からだのマッサージ

  寝返り・ハイハイのサポート

  ベビーカー・バウンサーの使い方

③ からだの見方

  ママが先生となってあかちゃんを見よう

④ 離乳食・おやつ教室

   お口と姿勢を育てる離乳食・おやつの体験

deco1

診療時間のご案内

shinryo

【休診日】

金曜・日曜日 偶数月第三木曜日
※木曜定休の場合は翌日金曜日は診察

学会出席や研修、祝祭日などで診療日や休診日が変更になる場合がございます。詳しくはお問合せ下さい。

deco1
logo