麻布十番の歯医者なら「こどもと女性の歯科クリニック」へ

虫歯を招く習慣とは?

歯磨きをきちんとしない・歯並びが悪いなどはむし歯になりやすい人の特徴ですが「きちんと磨いている」つもりでも日々の生活習慣がむし歯を招くこともあります。

deco2

このような生活習慣は要注意!

 間食回数、食事の回数が多い

お口の中は通常、中性に近い状態で維持されています。しかし食事などで砂糖が多く含まれている食べ物や飲み物が入ると、むし歯菌がその糖分をエサとして酸を作り出します。口内が酸性になることにより脱灰(歯のミネラルを溶かす)が始まるのですが、通常は歯磨きと唾液の成分によって徐々に中性に戻っていきます。

しかし、歯磨きをせずに間食回数や食事回数が重なると酸性の状態が長く続くため、むし歯のリスクが高まってしまうのです。歯磨きはもちろん、食べるとき食べないときのメリハリも大切になります。


 食事の習慣

むし歯になりにくくするためには、唾液の分泌も非常に重要になります。「よく噛んで食べましょう」はむし歯予防にも言えることなのです。その観点から言えば、早食いや水で流し込むような食事習慣も、むし歯にもなりやすいと言えます。煮物やカレーの野菜を大きめに切るという工夫も、よく噛むためにはいいことですね。


 口呼吸をしてしまう

唾液の分泌の重要性から口呼吸もまた虫歯になりやすい生活習慣と言えます。口呼吸をしてしまうことで唾液の分泌量が減り、さらに口内が乾燥しこびりついたプラークは歯磨きでも落ちにくくなります。そのため、むし歯菌のエサがいつもお口にある、という状態にもなってしまいます。


 寝る前の歯磨きをしない

寝ている時は、お口の環境を整えてくれる唾液の分泌が減ります。食べカスが口の中に残っていると、むし歯菌がそれをエサにして増殖してしまうのです。

小さなおこさまなどは、ついつい眠気には勝てないときがあります。そうならないように、特に寝る前は眠くなる前にしっかり歯磨きするようにしてくださいね。

むし歯ができやすい部分

 むし歯のできやすい部分

当たり前のことですが歯ブラシが届きにくい歯と歯の間、奥歯や歯の根元はむし歯になりやすいものです。力は必要ありません。軽めの力加減で大丈夫です。歯ブラシがしっかり当たるように、ゆっくり丁寧に磨くようにしてください。

まずは歯磨き・そしてなぜむし歯になるのか?を知ることがむし歯予防の第一歩です。

ただし歯磨きだけで終わらせてしまうのは非常にもったいないことです。表面は磨けても歯の全面をきれいにしたことにはなりませんね。そこで歯と歯の間、デンタルフロスも併用して下さい。さらにもうひと手間、ぜひ歯医者さんで虫歯予防効果の高いシーラント・フッ素・PMTC(クリーニング)のお話も伺ってみて下さい。

これでむし歯のリスクは今よりはるかに低くなります。

当クリニックの予防歯科クラブ「ウェルビーイングクラブ」では通常自費診療となるものがご入会により無料でご利用いただけるプログラムもございます

deco2

                 

むし歯や歯周病を発見した時は放置せず、状態が進行する前に治療を始めましょう。

むし歯ができるメカニズムとは?

むし歯ができるメカニズム

むし歯は、口内に生息する「ミュータンス菌」がきっかけとなり発生します。ミュータンス菌は口の中の糖質を取り込むことで、ネバネバとした歯垢を作り出し、歯の表面を覆ってしまうのです。

また、ミュータンス菌は糖質を発酵させて酸を作り出す性質もあるため、歯垢の中は酸性になります。酸性の状態が続き歯の成分が溶かされたものが「むし歯」と言われるものです。


むし歯と母乳の関係性とは?

歯が生え始める生後7ヶ月前後になると「母乳を飲ませているとむし歯になると聞いたのですが?」と、質問されることがあります。母乳育児は栄養学・免疫学はもちろん、精神的にも経済的にもメリットがありますので、卒乳をするべきか悩まれるかもしれません。確かに歯を溶かす酸の原料は糖質で、母乳には糖質の一種である乳糖が含まれています。

しかし、むし歯を最もつくりやすいのは砂糖(ショ糖)です。乳糖は問題ありませんとは言えませんが、母乳を与える前に歯みがきをしてお口の中をきれいにするなどのケアでリスクは軽減できます。

つまり、母乳がむし歯の直接的な原因になるのではなく、お口の中が酸性の状態で続きやすい食生活が問題なのです。


むし歯や歯周病を放置すると?

むし歯は初期段階で治療することがもちろん望ましいですが、痛みや違和感が出てから気付くということも珍しくありません。ここからさらに何も対処せずにいると徐々に進行し神経まで達してしまうことがありますので、家族の誰かがむし歯を気にし始めたら歯科医院に相談しましょう。

ミュータンス菌はもともと赤ちゃんのお口の中には存在しません。大人が噛み砕いた食べ物を与えたり、箸やスプーンなどを共有することで伝播してしまいます。ただしこの場合、1歳半くらいまでは伝播しないとの研究もあります。

むし歯や歯周病に気づいたら、家族みんなで治療することが大切です。初期段階で治療を始めることで、大人から子どもへ伝播させない環境の整備ができます。

歯周病の場合は、まずは歯茎の腫れや口臭が気になり始め、進行すると骨が溶け歯を失うことにつながります。

       

最終的にむし歯や歯周病を放置して歯を失ってしまうと、食べ物をしっかり噛めなくなり胃腸にも負担がかかります。また発音がしにくくなる、更なるむし歯のリスクや歯並びの悪化をまねく、前歯だと見た目にも自信がもてなくなるなど、実に多くの悪影響があります。

むし歯や歯周病のリスクは大人だけでなく、子どもにも影響を与えます。

むし歯にならないためには、生活習慣を整えるとともに定期的に健診や検査を受けることが大切です。

また乳歯は永久歯に比べてエナメル質が薄く、酸に弱い特徴があるため、むし歯の進行が早い傾向にあります。

deco1

ここで警鐘としてこのような例をご紹介します。

 むし歯が原因となり引き起こす重篤な病気

骨髄炎・敗血症・心筋梗塞・肺炎など

いずれもむし歯を放置した結果、むし歯菌が体内に入り込み悪影響を及ぼすことで起こりうる病気です。痛くなかったり鎮痛剤でごまかせるとつい歯医者へ足が遠のきますが軽視せず、全身の健康の為にも定期的な健診を受けましょう。

deco1

麻布十番・広尾・六本木周辺にお住まいで、かかりつけ歯医者をお探しの際は、こどもと女性の歯科クリニックをご利用ください。こどもと女性の歯科クリニックでは小児歯科に対応しており、シーラント処置や3Dスキャン、フッ素イオン導入など、様々な設備を整えています。

子どもの虫歯が気になる、歯並びが気になる、とにかく予防したい、一人ひとりのお悩みを丁寧にお聞きいたします。

deco1
logo