麻布十番の歯医者なら「こどもと女性の歯科クリニック」へ

お口の健康を目指すには?

長寿国である日本は、健康に対する意識が高く、医療制度も整っています。

一方で歯のケアに対しての意識は残念ながら低い傾向にあります。

改めてご自身の歯に関心をもっていただくきっかけになることを願っています。

k1885_0024

歯を大切にするメリットは大きい

日本人の平均寿命は、男女ともに80歳を超えています。80歳で20本の歯を残すことが目標とされていますが、半数以上の方は、20本以下となっています。歯の健康を維持するためには、定期健診や日々の取り組みが大事です。

健康な歯は、しっかり食べ物を噛むことができます。よく噛むことで消化酵素の分泌が促されて、内臓への負担も軽減します。唾液の分泌も促されることで、お口の細菌の繁殖も抑えられます。

また、噛むことで顎や顔の筋肉が鍛えられてメリハリのある表情にもなります。いろいろな方のお口を見てきましたが、年をとっても自分の歯でしっかり食べられている方は心も体も若々しくとても元気です。日々のケアを面倒くさがらず行ってきたことが大きいですね。

普段何気なく生活していると「歯はあって当たり前」と思ってしまい、失ってその大切さを知ることも多いものです。是非、意識して歯を大切にしていただき、いつまでも健康的な歯でいてほしいと思います。

 歯を失う原因

歯を失う原因は大きく二つ、ずばり虫歯と歯周病です。虫歯や歯周病が進行してしまっているにも関わらず放置した結果、歯科医院で抜歯する以外の処置方法がなかったり、歯周病の影響から歯がぐらぐらして抜けたりすることで大事な歯を失ってしまいます。

 歯を失うデメリット

歯を失うデメリットは、見た目だけの問題ではありません。抜けた歯の隙間にプラークが蓄積し、さらなる虫歯や歯周病につながりやすくなります。歯を失ったまま長期間放置してしまうと、抜けた歯の両サイドの歯が徐々に傾くこともあります。

また、噛み合わせが悪くなったり、発音しにくくなったり、片側ばかりで噛むことで顔の歪みにつながったり、身体に様々な影響を与えてしまいます。

deco2

正直、私も小さな頃は歯医者が嫌で仕方ありませんでした。それでも「仕方ない」と覚悟を決めて行ったものです。現在は私が子供の頃より器材や薬剤も改良され「患者様になるべく痛みの少ない治療を」との面でも歯科医療は進歩しています。大人の方でも歯医者が苦手な方がいらっしゃると思いますが、おじいちゃん・おばあちゃんになって後悔しないようにお口もぜひ大切にしていただきたいと願っています。これは当クリニックの予防歯科クラブ「ウェルビーイングクラブ」の目的でもあります。

deco2

お口の健康を目指すポイントは3つ

 自分の歯に関心を持つ

自分の歯に関心を持つ

歯並びや歯の状態は一人ひとり違うため、歯の表面に汚れがつきやすい人もいれば、歯の隙間に汚れが蓄積しやすい人もいます。

まずは自分の歯に関心をもつことから、スタートしてみてください。こどもと女性の歯科クリニックでは、さらに生活習慣や呼吸の方法・姿勢にも興味を持って欲しいと願っています。良い姿勢や良い呼吸を意識することは、良い歯茎と歯を残し、健康長寿にもつながります。まずは「自分の歯磨き方法って合ってるのかな?」「磨き残しはないかな?」ご自分の歯やお口を知ることから歯科医院をご利用されることも良い選択です。

 オーラルケアを意識

オーラルケアを意識

近年、予防歯科という言葉が定着しましたが、歯ブラシや歯磨き粉の他にも歯間ブラシやマウスウォッシュなど様々なオーラルケア用品が市販されています。ご自分の歯を知ったその次は、歯の状態に合わせてケアすることで、きれいな歯を維持しやすくなります。

逆に、気付かずに歯に合わない歯ブラシを使用している、歯磨きの仕方が間違っているなどは「きちんと磨いている」が「きちんと磨いているつもり」になって、むし歯や歯周病などのトラブルが起こりやすくなってしまいますので、小さなことでも歯科医院にご相談ください。

 トラブルが起こる前に健診へ

「歯科医院は歯が痛くなった時に通う場所」というイメージをもたれている方もいらっしゃるかもしれませんが結果「もっと早く行けばよかった」と後悔してしまうものです。一度むし歯になってしまうと、歯を削ったり、詰めたりすることで進行は抑えられますが、完全にもとの状態に戻すことができないのは大人の方ならご存知の通りです。定期健診・検査を受けることで、初期段階でトラブルを発見しやすくなります。初期段階だとダメージが少ないため、短時間で治療を終えることもできます。歯の健康を維持するには、トラブルを未然に防ぐことが最重要になります。

deco1

こどもと女性の歯科クリニックでは特に歯並びの乱れにひそむ、お口の健康の黄信号を知っていただきたいと思っています。

ぜひ一度ご相談ください。知っていただくだけでもご自身やお子さまのお口の健康に対する意識が変わると思います。

                     

麻布十番・広尾・六本木周辺にお住まいで、かかりつけの歯医者をお探しの方は、こどもと女性の歯科クリニックへお越しください。

当院は、産婦人科での看護師経験と知識をもつ歯科医師が対応いたします。

噛み合わせのチェックや、自宅でできるケア方法もアドバイスいたします。

こどもと女性の歯科クリニックでは、歯を失わないためのケアとして「歯茎固め」という歯磨き方法をお伝えしています。驚くほど皆さん元気になられているので、ぜひお試しください。

deco1
logo