麻布十番の歯医者なら「こどもと女性の歯科クリニック」へ

クリニックのご紹介

産婦人科看護師の経験を生かし新しいスタイルの歯科クリニックを!

院長 岡井有子

k1885_0155

略歴

京都市内産婦人科勤務
大阪歯科大学 卒業
大阪歯科大学大学院歯学研究科(小児歯科学専攻)修了
大阪歯科大学大学院歯学研究科 非常勤講師 就任

所属学会
日本小児歯科学会
所属研究会
顎顔面口腔育成学会

赤ちゃん歯科ネットワーク

母子フィジカルサポート研究会

deco2

はじめまして、こどもと女性の歯科クリニック院長 岡井有子と申します。この場をお借りしまして簡単ではありますが自己紹介をさせていただきます。

私は歯科大学へと進む以前、関西で看護師として勤務していました。

その際、入れ歯を集めて洗うだけの口のケアに疑問を持ったことがきっかけとなり、また寝たきりで口から何も食べられない患者さん(胃瘻の患者さん)が口から食べるトレーニングの結果、経口摂取が可能になり、とても元気に回復されたのを見て、改めて勉強をし直し歯科の道に進もうと決意しました。

当初は摂食嚥下(飲み込みが上手にできない)治療を行いたいと思っての歯科大学進学でした。

しかし医療を学ぶ中で、機能を回復することももちろん必要だけれど、治療が必要な状態にならないための「予防」というものが「最も皆様にとっては意義のあることではないか」との思いに至り、また看護師時代産婦人科で働いていたことも生かし、未来を担うこどもたちのため、妊産婦さんからのお口の健康に携わっていきたいとの思いから、小児歯科を選びました。

小児歯科に進む中で、治療のすべては本人の力で行うものであって、小児歯科医の役目はそれをサポートすることだとの思いも強くなりました。当クリニックでは矯正に関しても従来の歯を動かす矯正治療ではなく、将来を見据え健全なお口周りに整え治すことをサポートするような矯正治療を行っています。

妊婦さんとこどものお口の健康では、港区麻布の中高生プラザでも定期的に講座を開きお伝えしています。

                     

赤ちゃん相談や矯正相談などでお越しいただいた方より「もっと早く知りたかった」とのお声をよくいただきます。足を運んでいただきお伝え出来た喜びの半面で、当クリニックの存在を必要とされる方にどう届けられるだろうと、ふと考えます。

当クリニックのホームページは他院に比べ「読む」という側面が強いかもしれません。ご負担は恐縮ではありますが、患者様との信頼関係・協力関係は質のいい医療提供のためには必要不可欠と考えています。歯科に限らず医療を選ぶことは大きな選択であると同時に「結局どこの医院がいいのか分からない」が正直な所だと存じます。

私どももまだまだ小さな力ですが努力して参ります。ぜひ、ご自身やおこさまの未来の為、少しだけお時間をとって本を読むようにご覧いただき、当クリニックが皆様にとって必要でお役に立てる存在でございましたら嬉しく思います。

一緒に頑張っていきましょう。

k1885_0209
k1885_0173
deco2

当クリニックの取り組みをメディアの映像・誌面でご紹介いただいています。

客観的な視点としてご参考にされて下さい。

deco2

治療方針

こどもたちの未来を考えるとき、私たちに何ができるでしょうか。


顎顔面口腔育成の見地から言えば、最近では口蓋(上顎)の形状が、こどものお口の発育だけでなく全身の発育に影響を及ぼすことが研究により分かってきました。口蓋の形状を良い方向に導くことで、上顎の上前方への成長を誘導することができます。それは歯並びの改善のみならず、気道の問題の改善から耳鼻疾患、アレルギー疾患などの改善につながると期待できます。


また、これから生まれてくる赤ちゃんのために出来ることの一つとして、妊娠期の子宮の形を整えることがあります。赤ちゃんにとって居心地のいい子宮は、より健康に・より元気に発達させることができます。さらに子宮の形状は赤ちゃんの口蓋の形にも影響を及ぼすことも分かってきています。口蓋の形は将来的に姿勢・呼吸・歯並びに影響します。そのため妊娠中の女性に対しては、まぁるい子宮を目指したマッサージや体操などを行うことで、胎児期から口蓋の発育をサポートし、赤ちゃんが将来的に矯正の必要とならないお口づくりを目指します。


そして女性の方には、女性に多く見られる不定愁訴(耳鳴り・片頭痛・かみ合わせの左右差など)の治療に加え、お口に優しいオゾンホワイトニング、お口のエステや歯茎固めといった独自のプログラムを中心にきれいだけではない健康的な口元づくりをサポートいたします。


こどもと女性の歯科クリニックは未来を見据えたかかりつけ歯科としてご家族が安心して長く通えるクリニックでありたい。そのためにプロの視点を持ちながらも、子育て中のママとして、女性として、患者さまの気持ちに寄り添う姿勢を大切にしていきたいと考えております。

ぜひママも自分のことを後回しにせず、お子さまとご一緒に通われてください。

そんな思いも込めて「こどもと女性の歯科クリニック」は開院いたしました。

かかりつけ歯医者である自負を持ち、少人数のスタッフにて一人一人の患者様に丁寧に診療を行って参ります。

04_portrait_001
deco2

診療のご案内

こどもと女性の歯科クリニックでは矯正治療「RAMPAセラピー」・予防歯科「ウェルビーイングクラブ/WBC]・「赤ちゃん歯科」など特徴的な診療を行っております。もちろん、むし歯治療やホワイトニングなどにおきましても患者様に寄り添った診療提供を心がけております。

deco2

院内設備

お口のトラブルには様々な種類があり、トラブル毎に必要な処置・設備は異なります。歯医者を選択する際は、口コミ・評判にはあまり取り上げられない、治療内容や設備にも注目してみてください。

こどもと女性の歯科クリニックでは、虫歯や歯周病の予防にも役立つ痛みの少ないレーザー処置機材や、歯科医院では珍しい大型のCTなどで3Dスキャンを活用した検査が可能です。

KaVo 3D eXam +

cimg1

患者さまと歯科医院の安全を守るために開発された歯科用コーンビームCT。
患者さまの安全を守るため、歯科医院の安全を守るためにも被ばく線量は最小限に、より精度の高い画像を得ることができます。

Erwin AdvErL Evo

cimg2

むし歯治療に使用します。
レーザー治療ではむし歯部分を瞬間的な高熱で蒸散させます。痛みや振動を与えずに、むし歯の部分だけを取り除くことができる、むし歯治療の苦手なお子様にも優しい治療となります。

また、こどもと女性の歯科クリニックでは、レーザー処置後にシーラントを行います。そのため、従来のシーラント(予防処置)と比べ、より予防効果の高いシーラント(予防処置)を行うことができます。

Spaceline Feel 21 type N

cimg3

女性の患者さまの個室に。
患者さまに圧迫感を感じさせる器械類をなくし、また恐怖感を与える器材類も視野に入らないよう設計されています。
シートは、体圧分布にフィットしたクッションでリラックスでき、長時間の診療にも疲れることはありません。

Spaceline HPO-Ø

cimg4

お子さまの治療スペースに。

お子様さまが自分の力でベットによじ登り治療が受けられる高さにしています。お子さまが安心して治療を受けられるよう恐怖感を与える器材類が視野に入らないよう設計されています。

VACUKLAV 31B+

vacuklav-31b300225

ヨーロッパ規格であるEN13060に準拠した「クラスB」プレポストバキューム式の滅菌器です。滅菌前にチャンバー内で真空と蒸気の注入を交互に繰り返すことで、タービンなどのハンドピース内部の中腔パイプ内の残留空気を抜き、蒸気を細部まで行き渡らせ滅菌を行います。当院では、患者さま毎にタービンなどのハンドピース類も滅菌いたしております。

deco1

当クリニックのご案内

shinryo

【休診日】

金曜・日曜日 偶数月第三木曜日
※木曜定休の場合は翌日金曜日は診察

学会出席や研修、祝祭日などで診療日や休診日が変更になる場合がございます。詳しくはお問合せ下さい。

キャンセルポリシー

deco1
logo