麻布十番の歯医者なら「こどもと女性の歯科クリニック」へ

小児矯正をお考えの方へ

deco2

「何故矯正治療をお考えでしょうか?」

こどもと女性の歯科クリニックでは「RAMPAセラピー」という、一般的な矯正治療とは視点や考えの異なる矯正治療を専門医院として提供いたしております。

RAMPAの目的は単に審美的な歯列矯正ではありません。「おこさまのよりよい未来」を私どもは目指しています。

                     

矯正治療にお悩みですか?

いろいろな方のお話を聞いたり、ご自身でお調べになられたり、それでも決断はなかなか出来ないですよね。私も歯科医でなければ同じだと思います。

矯正自体がよく分からないでも十分なお悩みです。今、何にお悩みかお分かりであるならば、次はご相談をされる時期です。どうぞお気軽にご相談下さい。特におこさまの矯正治療では、様々な経験談を拝見します。しかし当クリニックの矯正治療「RAMPAセラピー」に、その経験談の多くはおそらく当てはまりません。例えば、小児矯正ではⅠ期矯正・Ⅱ期矯正ときっちりと矯正治療を望まれるなら、多くの方は2回は治療が必要となりますが、それをあらかじめご存知の方は案外少ないものです。2回必要になること自体には理屈があるのですが、RAMPAでは大多数の方が1回の治療で終わります。これは他の矯正治療との象徴的な違いです。

歯並びが悪いということは、お口の周辺で何が起こっているのか?「赤ちゃん歯科」では「矯正が必要ないお口」にも触れております。矯正でお悩みならば、ぜひ「歯並びを整えること」よりも「継続的に矯正が必要のなくなること」に目を向けていただきたいと願っております。

deco2

当クリニックの矯正治療「RAMPAセラピー」では、歯並びが悪くなる原因の多くは「中顔面領域(お鼻周りの辺り)の発達不良」という骨格的な要因によると考えています。具体的に歯並びが悪いとお感じになられていましたら以下のようなことにもお心当たりはないでしょうか?もしくは歯並びは大丈夫そうだけど、いくつか当てはまるでも結構です。

この発達不良は呼吸器系や耳鼻科系の不調の誘因でもあるかもしれません。

RAMPAでは、この骨格的な発達不良の根本的改善を治療目標としています。

図1
deco2

親御様へ

私自身の経験をお話させていただきます。

 

私自身、幼少のときは毎日のように耳鼻科へと通院していました。それは中耳炎を繰り返すこと、いつも鼻が詰まって苦しく、お口ポカンでもあったからです。両親から口を閉じるように言われても、苦しくて閉じることが出来ませんでした。姿勢も悪くいつも猫背。姿勢を良くしなさいと言われても、気が付くとすぐまた猫背。

でも耳鼻科へ行っても別に治るわけでもないんですね。お薬もらっておしまいのような。何だかつらかった記憶だけが残っています。
                     

今は分かります。私のつらかった記憶の原因は、そもそも気道が狭いことにありました。さらに当時こどもの私に、それが成長や人生に大きく影響するなんてイメージはなかったと思います。もちろん「RAMPA セラピー」など根本的な治療の選択肢もありません。当時の両親や耳鼻科の先生も悩んだことと思います。

ですが、今ならばあります。

                     

私が歯科医師となりRAMPAセラピーを知ったとき、大きな感動と可能性を感じました。また結婚と出産を経て人の親になったとき、こどもたちに何がしてあげられるだろうという思いもより強くなりました。

一般的な矯正治療で歯並び、つまり見た目や虫歯のリスクなどは改善できます。もしもそれが継続的に維持できたならば、それでも大きな意義はあります。

しかしRAMPAセラピーにおいては歯列矯正も大切な目的の一つではありますが、目指すものはその先にあります。

今ある歯を抜くなどして歯を並べるより「なぜ歯並びが悪くなってしまうのだろう?」がRAMPAセラピーの考えの一つです。

吉祥寺こども診療室 三谷医師の開発から始まり、多くの経験・改良を経て現在、その効果として歯並びはもちろんのこと、姿勢や鼻づまり、いびき、喘息、アトピーなど一見して歯並びとは関係のないことにも大きな改善が認められています。さらにキリッとしたお顔立ちになり表情までもよくなっています。むしろこれら直接健康に関わることの方が、人生において、より大きな意義をもちます。

 

多くの場合、歯並びが悪い原因を根本改善するということは、こういうことなのです。

                     

例えば、就寝中息苦しく、よい睡眠が得られなかった日など、ボーっとしたり、仕事や勉強に集中できなかったり・・・

姿勢が悪く、どこか心身の不調を感じたり、人にネガティブな印象を与えたり・・・

歯並びもですね。いつもお口のトラブルを抱えていたり、コンプレックスになったりと、自身のこと、周りの人のこと、大人の方なら誰しも心当たりのあることでしょう。

                                   

大切な子供たちの、これから起こりうる悩みのいくつかをRAMPAセラピーはなくしてくれるのです。

        

        こどもと女性の歯科クリニック

院長 岡井有子

                  

追記

RAMPAセラピーは開発からおよそ30年。歯並びが悪くなる原因や歯列矯正、それに伴う気道・呼吸に関わることの研究はかなり進んでいます。

しかし歴史としてはまだまだ新しい矯正治療なのです。そのような中で多くの臨床を繰り返しRAMPAセラピーはさらに先へと進んでいます。

この新しい矯正治療では、年々多くの経験が重ねられ多くの報告がなされています。RAMPAセラピーにより呼吸・骨の歪み・身体のバランス・姿勢・歯並びと様々なことが改善されるなかで、さらに多くの身体の不調・疾患・障がいと言われるものまで改善が認められています。それらのメカニズムを解き明かし証明することも私たちの大きな使命です。

確かに発達にお悩みを抱えていたおこさまがRAMPAセラピーを通して、そのお悩みが大きく改善された事例もあります。

「より健康・より健全な身体へと導く」ことでが人が本来持つ免疫力や調整力も大きく変化します。ですが例えば、先の発達のお悩みを解消するために開発された治療ではないことはご理解ください。

しかし私自身、従来の歯列矯正の枠を超える、この矯正治療の可能性に期待するとともに、必ず多くの患者様の未来を変えうるものだと信じ、治療や研究に取り組んで参ります。

deco2

解決方法は一緒に考えましょう

当クリニックで行っているRAMPAセラピーは、お鼻の周りの骨格を健全方向へ成長誘導することで、不正咬合などのトラブルが起こる原因の根本的な解決を目指すというものです。

このことが、様々な問題を改善へと向かわせる大きな一歩となります。

                     

「・・・と言われてもピンとこないし他の矯正法と何がどう違うのか?いまいちよく分からない」が正直な所かもしれませんね。

まずはそれでいいと思います。

お子さまの矯正をお考えの方、矯正は特に考えていないという方にも、将来の健康のためRAMPAセラピーをまずは知っていただきたいと当クリニックは考えています。

                     

ご希望の方には個別無料相談も行っております。

矯正治療は費用も期間もかかります。矯正方法もいくつかあり、インターネットや他の方の経験談では決められないですよね。是非、実際に足を運ばれご相談されて下さい。大変だとは思いますが、大切なおこさまの未来へのご判断だと存じます。複数の歯科に行かれても無駄にはならないものと思います。またお忙しいとも思いますが是非ご両親さまお揃いでのご相談を、おすすめさせていただきます。

当クリニックでも大切な将来に関わること、ご納得いかれるまでご説明いたします。矯正を始める前提でのお話は致しませんこと、必要のない治療はお勧めしませんこと、お約束致します。

deco2

顎顔面口腔育成療法につきましては同研究会HPもご参考にされてください。現在登録医に当クリニックは未登録ですが、コロナ禍で学会発表要件などが延期になっております。ご不安をおかけすると思いますが今後登録予定ですので治療に関してはご安心ください。登録がないことが治療を行えないことや治療のレベルを示すものではございません。

deco2
logo